大滝(おおたび)|落差15m|安居渓谷本流最大の秘瀑

仁淀ブルーの知名度向上に伴い、いまや大人気観光スポットとなった安居渓谷には、数々の滝が存在します。

代表的なものだけでも「飛龍の滝」「昇竜の滝」「背竜の滝」「見返りの滝」など結構な数がありますが、これらは全て支流にかかる滝で、安居渓谷本流に15mもの落差を持つ滝が存在していることはあまり知られていません。

観光客でごった返すエリアを抜け、未舗装林道を進むこと数十分。そこから徒歩で30分、あげく滝前へは水流を泳いでいくしかないなど、アクセスに難があるために無名ですが、滝の美しさとしては高知県屈指であると断言できます。

_DSC9121

その名を「大滝(おおたび)」と言い、滝のできにくい本流にありながら15mの大落差、かつ大きな釜と淵をもつなど、威風堂々とした滝です。暗く吸い込まれるような廊下状の淵の向こうには顕著な滝壺があり、安居渓谷本流の水量を轟音とともに叩きつける直瀑で、周辺には滝をご身体とした神社跡が残るなど、神の存在を感じられる空間です。

アクセス

コメントを残す

*