桑田山 – 雪割桜|1000本桜、菜の花、山村。

桑田山,雪割り桜

2月中旬、他の桜の名所よりも一足早く、高知県の山あいの集落で桜が開花します。椿寒桜(つばきかんざくら)という品種の桜が1000本近く植えられた桑田山。ちょうど同じ頃花をつける菜の花とともに高知県の早春を彩る花見スポットです。

桑田山(そうだやま)は高知県須崎市に位置していて、一足早く花見を楽しめるスポットとして人気を集めています。集落の生活道路を利用しての散策や、山の斜面を見下ろす場所に設置された展望台からの景観など、山間の山村と雪割桜の景観を楽しんでみては。

桑田山(そうだやま)雪割り桜ならではの魅力

桑田山,雪割り桜

山あいの集落と雪割り桜の情緒ある風景

桑田山では、雪割り桜の開花と同時期に菜の花が花をつけ、雪割り桜と菜の花の共演を楽しむことが可能です。山あいの集落に植えられた1000本の雪割り桜が急斜面に花を咲かせる景観はまさに絶景。また、菜の花がたくさん植えられているのも華やかで素敵です。山あいの集落の間にという立地のため、情緒あふれる山あいの集落・雪割り桜・菜の花を同時に満喫することができます。

soudayama-yukiwarizakura-1

Wikipediaによると”密集して花をつけ、蕾が次々とできて、かつ散りにくいため花期は長く、満開時には華麗な姿を楽しむことができる”とのこと。

確かに桑田山の雪割桜を観に行って「タイミングずれて散ってた」という記憶はないので花期が長いように感じます。

soudayama-yukiwarizakura-2

石垣と古民家の間を抜けて桜を満喫できるなんて最高の贅沢じゃないですか。人気の観光スポットなので休日は結構な賑わいを見せますが複雑に張り巡らされた遊歩道のおかげで全く人のいない場所もチラホラ。ぜひ自分だけのベストアングルを探してください。

集落の間につけられた遊歩道での散策が最高!

 

桑田山,雪割り桜遊歩道の先の雪割り桜

古民家を包みこむように咲く雪割り桜を楽しみながらの散策が、時間を忘れさせてくれること間違いありません。

遊歩道は観光用につけられたものではなく、生活道路を利用している点も面白いところで、石垣や古民家の間を抜けてながらの散策は桑田山ならではのユニークさがあります。

雪割り桜が開花する2月といえば冬真っ只中ですが、桑田山では日中は20度近くまで気温が上がることも。関東でいうところの4月並みの気候というのも南国・高知県らしいポイントです。

桑田山,雪割り桜

桑田山の全景

遊歩道の全景はこんな感じ。雪割り桜のある場所は概ね広場になっていて散策可能で、集落の生活道路、場合によっては民家の敷地が解放されている場合も。雪割桜が華をつけるエリアは全体で100メートルほどの標高差があるため、無理をせずゆっくりと散策するのがおすすめです。

桑田山の雪割り桜訪問時に知っておきたい3つのポイント

1.見頃は2月後半から3月前半

桑田山の雪割り桜は2月中旬になると開花し、3月中旬まで桜の景観を楽しむことが可能です。満開が期待できるのは2月後半から3月前半の2週間ほど。気温によって1週間ほど開花時期が前後するものの、この2週間であれば満開に近い桜を楽しめる可能性大です。

2.動きやすい服装で!

車が通行可能な道路を除き、桑田山の遊歩道は未舗装の箇所が多いため、歩きやすい服装での訪問がおすすめです。

100メートルほど標高差がある遊歩道は、上まで登って見下ろす景観も素晴らしく、是非ともくまなく散策して欲しいところ。斜面につけられた遊歩道を歩くのはそれなりの重労働のため、温度調節もできる服装がベストです。

3.早めの時刻に到着すること

桑田山の雪割り桜は、高知県はもちろんのこと県外からの訪問客も多いスポットです。正午くらいになると混雑がピークを迎えて遠くの駐車場しか駐車できないことも多いため、11時くらいまでに到着するのがオススメです。

アクセス

こちらも読まれています

桑田山 - 雪割桜|1000本桜、菜の花、山村。

2月中旬、他の桜の名所よりも一足早く、高知県の山あいの集落で桜が開花します。椿寒桜(つばきかんざくら)という品種の桜が1000本近く植えられた桑田山。ちょうど同じ頃花をつける菜の花とともに高知県の早春を彩る花見スポットです。


桑田山(そうだやま)は高知県須崎市に位置していて、一足早く花見を楽しめるスポットとして人気を集めています。集落の生活道路を利用しての散策や、山の斜面を見下ろす場所に設置された展望台からの景観など、山間の山村と雪割桜の景観を楽しんでみては。


桑田山(そうだやま)雪割り桜ならではの魅力


[caption id="attachment_2300" align="alignnone" width="1200"]桑田山,雪割り桜 山あいの集落と雪割り桜の情緒ある風景[/caption]

桑田山では、雪割り桜の開花と同時期に菜の花が花をつけ、雪割り桜と菜の花の共演を楽しむことが可能です。山あいの集落に植えられた1000本の雪割り桜が急斜面に花を咲かせる景観はまさに絶景。また、菜の花がたくさん植えられているのも華やかで素敵です。山あいの集落の間にという立地のため、情緒あふれる山あいの集落・雪割り桜・菜の花を同時に満喫することができます。


soudayama-yukiwarizakura-1


Wikipediaによると”密集して花をつけ、蕾が次々とできて、かつ散りにくいため花期は長く、満開時には華麗な姿を楽しむことができる”とのこと。


確かに桑田山の雪割桜を観に行って「タイミングずれて散ってた」という記憶はないので花期が長いように感じます。


soudayama-yukiwarizakura-2


石垣と古民家の間を抜けて桜を満喫できるなんて最高の贅沢じゃないですか。人気の観光スポットなので休日は結構な賑わいを見せますが複雑に張り巡らされた遊歩道のおかげで全く人のいない場所もチラホラ。ぜひ自分だけのベストアングルを探してください。


集落の間につけられた遊歩道での散策が最高!


 

桑田山,雪割り桜遊歩道の先の雪割り桜


古民家を包みこむように咲く雪割り桜を楽しみながらの散策が、時間を忘れさせてくれること間違いありません。


遊歩道は観光用につけられたものではなく、生活道路を利用している点も面白いところで、石垣や古民家の間を抜けてながらの散策は桑田山ならではのユニークさがあります。


雪割り桜が開花する2月といえば冬真っ只中ですが、桑田山では日中は20度近くまで気温が上がることも。関東でいうところの4月並みの気候というのも南国・高知県らしいポイントです。


[caption id="attachment_2291" align="alignnone" width="1200"]桑田山,雪割り桜 桑田山の全景[/caption]

遊歩道の全景はこんな感じ。雪割り桜のある場所は概ね広場になっていて散策可能で、集落の生活道路、場合によっては民家の敷地が解放されている場合も。雪割桜が華をつけるエリアは全体で100メートルほどの標高差があるため、無理をせずゆっくりと散策するのがおすすめです。


桑田山の雪割り桜訪問時に知っておきたい3つのポイント


1.見頃は2月後半から3月前半


桑田山の雪割り桜は2月中旬になると開花し、3月中旬まで桜の景観を楽しむことが可能です。満開が期待できるのは2月後半から3月前半の2週間ほど。気温によって1週間ほど開花時期が前後するものの、この2週間であれば満開に近い桜を楽しめる可能性大です。


2.動きやすい服装で!


車が通行可能な道路を除き、桑田山の遊歩道は未舗装の箇所が多いため、歩きやすい服装での訪問がおすすめです。


100メートルほど標高差がある遊歩道は、上まで登って見下ろす景観も素晴らしく、是非ともくまなく散策して欲しいところ。斜面につけられた遊歩道を歩くのはそれなりの重労働のため、温度調節もできる服装がベストです。


3.早めの時刻に到着すること


桑田山の雪割り桜は、高知県はもちろんのこと県外からの訪問客も多いスポットです。正午くらいになると混雑がピークを迎えて遠くの駐車場しか駐車できないことも多いため、11時くらいまでに到着するのがオススメです。


アクセス



[myphp file="ad/amazon_camera-01"]


コメントを残す

*