考えた

移住2ヶ月・引越し

     kominka1

高知に移住して2ヶ月がたちました。2ヶ月住んだ高知市の土佐山から、香南市の野市に引っ越しました。野市は高知市から30分・高知空港から10分という立地で、高知県の中では比較的平野が多い地域です。

2018年12月から2ヶ月住んでいた土佐山は、高知市中心部から20分かつ山の中という、田舎暮らしにはうってつけの地域です。自然が豊かで、交通の便も良い。個人的な話をすれば、地元の人々も魅力的でした。私のような”よそ者”を地域に迎え入れることがうまい、明るい人々が多かったです。「野菜は買わなくても近所の人がくれる」「ジビエ肉もくれる」「薪もくれる」地元の人々のあらゆる好意を受けながら生活していた2ヶ月間。住居も土佐山の人々と、そこで活動する人々に提供してもらっていました。

そんな土佐山に住みたいという気持ちも強かったのですが、山間地域なので空き家の母数が少ないこと・妻の仕事場へのアクセスが大変なこと、などの理由があり2段階目の移住を決めました。

移住を決めてから、実に様々な方法で移住先を探しました。自治体・不動産業者・ネット・知人など、様々なものを活用しましたが、結局は友人の紹介が決め手でした。田舎のコミュニティは少人数で形成されていることが多いものです。その中に入ってくる”よそ者”が誰なのか、口コミで確認したくなるのは当然のことかもしれません。友人の良い口コミで紹介してもらったこともあり、スムーズに進めることができました。

kominka3

移住したら”かっこいい暮らしをしたい”と思っていました。かっこいい住まいを見つけることができ、少し目的に近づけた気がします。セルフリノベーションを通じて、住居とも・地域とも長く付き合っていきたいと思っています。

また、2ヶ月が経過し、仕事についても少しづつ考えがまとまってきたので、そちらもまた記事にしようと思いますので、お付き合いいただけると幸いです。

高知移住して1ヶ月たちました

     土佐山の景色

高知に移住して1ヶ月がたちました。良いことはたくさんありましたが、悪いことは特にないまま新年を迎えています。初チェーンソー・初煙突掃除・初地域の新年会など、初めてのことが多い1ヶ月間でした。

続きを読む

高知に移住しました

     ijuu-01

東京出身の私が新卒で就職した会社で、最初に配属されたのが高知でした。結婚したての妻と一緒に、借家まで車を走らせながら”とんでもない場所に来てしまった”などと話していたのを覚えています。

就職後6年間高知で働き、転勤を機に東京へ引っ越しました。東京へ転勤してから1年間。故郷の東京から高知へ、本格的に移住することを決心しました。7年前と同じ道を走りながら、今回は故郷以上に懐かしい、ほっとする空気を感じていました。

続きを読む