四国あそび

権現の滝|山奥にひっそりと佇む落差40mの滝

     権現の滝

国道33号線、四国カルストにほど近い場所に位置する権現の滝。落差40mと比較的大きな滝でありながら、知名度は低く人知れず山奥にひっそりと佇んでいる滝です。国道33号線からは4.5km、比較的アクセスしやすい場所にあり、道路沿いから展望可能なこともあり、時間があったら訪問してみたい隠れスポットです。

続きを読む

寒風山|1763m|厳冬期も人が絶えない定番の山

     寒風山

冬山登山というと一般的には相応の体力と装備が必要、というイメージがあるのではないでしょうか。標高1763m、高知県と愛媛県の県境に位置する寒風山は、四国一霧氷が美しいとも言われる絶景の名峰でありながら、積雪の少ない日には夏山とそれほど変わらない装備で登頂可能なこともあり、厳冬期であっても人の絶えることのない人気スポットです。

続きを読む

伊予富士|1756m|四国西部の名峰を一望できる眺望

     伊予富士

標高1756m、”富士”の名をもちながら四国山脈の一部、という雰囲気で、どちらかといえば地味にも見える伊予富士。冬季には四国一の霧氷と、氷に閉ざされた四国山脈の絶景を眺望可能な名山に姿を変えます。冬季の登山口となる寒風山トンネルからは片道4時間の道のり。積雪状況によってはそれ以上の時間を要すこともある伊予富士ですが、苦労して登山する甲斐のある絶景が待っています。

続きを読む

阿波の土柱|世界で3箇所しかない奇景

     阿波の土柱

徳島県阿波市にある奇景勝地、阿波の土柱。世界に3箇所しかない奇景勝地として、密かに人気を集めるスポットです。丘陵地帯に突如現れる土柱は、まさに奇景といった雰囲気で、ここにしかない空間を楽しむことができます。

続きを読む

栗林公園|四国随一の庭園美

     栗林公園

ミシュラン観光ガイドで3つ星、2011年日本庭園ランキングで足立美術館、桂離宮に次ぐ3位を獲得した栗林公園。75ヘクタールの園内は日本庭園然とした景観で満たされていて、全て巡るにはゆうに一日かかるほどのボリュームがあります。園内には数々の池が点在していて、屋形船での遊覧をはじめ、美しい紅葉や生息するカワセミを思う存分楽しむことができます。

続きを読む

黒尊渓谷|日本一アクセスしにくい?秘境紅葉スポット

     黒尊渓谷の紅葉
高知県の西端に位置する黒尊渓谷(くろそんけいこく)。地元でもない限りその名を聞いたことのある方は少ないのではないでしょうか。高知県に位置しているものの、足がかりとなる高知市からは車で4時間と、日本で一番アクセスしにくい場所にある秘境の紅葉スポットです。四万十水系に属し、その中でもとりわけ水流の美しい黒尊渓谷は、秋には澄み切った水流と紅葉の共演を楽しめる知る人ぞ知るスポットです。

続きを読む

梶ヶ森|1400m|車で登頂!天の川・霧氷も満喫可能

     梶ヶ森 - 高知 - 紅葉 - 週末旅行記

高知市から車で1時間半。標高1400メートルの山頂まで車で行けるおすすめスポットです。冬季には霧氷、春には雲海、秋には紅葉を楽しめる絶景スポットとして、梶ヶ森以上に気軽にアクセスできる場所は他に無いのではないでしょうか。年間を通して人出は少なく、落ち着いて景色を楽しむことができます。

続きを読む

大樽の滝|アクセスが容易な日本の滝百選の一本

     大樽の滝

高知県に位置する日本の滝百選の一本、大樽の滝。幹線道路の国道33号線からほど近いこともあり、容易にアクセス可能な景勝地として定番になっています。 滝の前には雰囲気満点の橋がかかり、空間の演出に一役買っています。駐車場からは徒歩15分ほどで、ちょっとしたアクティビティにはもってこいのスポットといえるでしょう。 続きを読む

雨乞いの滝|二本の名瀑を同時に楽しめる人気スポット

     雨乞いの滝

徳島県神山町に位置する雨乞いの滝。日本の滝百選にも選ばれる雨乞いの滝は、雄滝と雌滝を同時に展望できる、贅沢なスポットとして密かに人気を集めています。神山町から雨乞いの滝までは車で15分。駐車場からは20分の道のりで、比較的簡単にアクセス可能な点も魅力の一つです。

続きを読む

八多五滝|端正な景観ながら個性的な滝

     八多五滝の御来光の滝

徳島県徳島市に位置する八多五滝(やたごだき)。五本の滝が密集することからその名がついたそうですが、その中の一つ、御来光の滝は端正な景観ながら個性的で、他の滝にはない魅力をもっています。

続きを読む

笹倉湿原(さぞうしつげん)|「神の庭」苔むした神秘的な湿原

     笹倉湿原

石鎚山からほど近い山中に、苔に覆われ”神の庭”と呼ばれる湿原があります。笹倉湿原(さぞうしつげん)は、一面がウマスギゴケで覆われた不思議な景観が特徴で、「神の庭」とも呼ばれる独特の雰囲気をもっています。アクセスには約1時間半の登山が必要になりますが、笹倉湿原ならではの景観を求めて、苦労して訪問する人も多いスポットです。

続きを読む

寒霞渓|奇岩と紅葉が美しい日本三大渓谷美の魅力

     小豆島の紅葉

四国における紅葉を語る際に外すことのできない寒霞渓(かんかけい)。その景観は日本三大渓谷美の一つに数えられ、奇岩と瀬戸内海が作り出す景色は、他に代えがたい美しさをもっています。アクセスにはフェリーの利用が必要で、気軽に行ける場所ではありませんが、わざわざ苦労して訪れる価値のあるスポットです。

続きを読む

石立山|四国一危険かも。落差数百メートルの捨身嶽も必見の名峰

     石立山

四国の名山を思いかべる時、石立山が思い浮かぶ人は少ないかもしれません。標高1707m、四国においても決して標高が高いわけではなく、四国山脈からも少し外れた場所にある、マイナーな山です。一方で、四国きっての急峻な山岳である石立山は、捨身嶽に代表される険しい山並みを堪能できる通好みのスポットです。

続きを読む

三嶺|1894m|優雅な稜線がつづく高知県の最高峰

     夕日に染まる三嶺

山の多い四国においても、三嶺ほど山頂への道のりが険しい山は少ないかもしれません。一方で景観においては、三嶺ほどに素晴らしい山も少ないのではないでしょうか。特に高知県側の登山道は、四国一豊かな植生と、美しい沢が楽しめ、山頂からはこれぞ絶景、と断言できる景色を見ることができます。 続きを読む

別子銅山|東洋のマチュピチュと名高い巨大銅山跡

     愛媛県の別子銅山

過去1万人を超える住人が住み、日本の発展の礎となった別子銅山。現在の別子銅山では、当時の人々が暮らした空間を垣間見ることのできる史跡が点在しています。別子銅山の入り口となる東平記念館には数多くの資料が展示されていて、当時の生活を学ぶこともできます。

続きを読む

高の瀬峡|険しい渓谷を埋め尽くす紅葉の絶景

     高の瀬峡の紅葉

日本には紅葉の名所と呼ばれる観光地が数多く存在しますが、高の瀬峡ほど鮮烈な彩度の紅葉は、他の場所では見ることができないでしょう。高知市からは車で2時間。決してアクセスが良いとは言えず、近くにある別府峡の陰で目立たない存在の高の瀬峡。紅葉の季節には、ここにしかない景観を楽しめる絶景スポットとして是非とも訪れたい景観をもっています。

続きを読む

樽の滝|高知市からほど近い隠れた名瀑

     樽の滝

高知市に位置する樽の滝(樽の滝)。高知市から30分でアクセス可能な立地も相まって、気軽に楽しめるアクティビティスポットです。落差65mの水流は迫力満点で、高知市内であることを忘れてしまうほどです。

続きを読む

鷲ノ巣の滝|国道沿いの隠れた名瀑の魅力

     高知県 - 見残しの滝

高知市からR33で面河渓や四国カルストを目指すと、道沿いに見える鷲ノ巣の滝。

とても目立つ場所にあるにもかかわらず、あまり有名な滝ではありません。立ち寄る人も少ない鷲ノ巣の滝ですが、その全景は日本の滝百選に選ばれてもおかしくないほど美しいものです。

続きを読む

桂浜|高知市内から容易にアクセスできる有名スポット

     katsurahama-5

”なぜか”人気の桂浜。海を望む坂本龍馬像や、太平洋に向かい大きく弧を描く三日月状の砂浜などが見どころで、高知市内からシャトルバスで簡単にアクセスすることができます。一方、高知県ならではの大自然や秘境感とは対極にある環境は、わざわざ高知県に行って時間を割くのはもったいないかもしれません。

続きを読む

大荒の滝|高知市から簡単にアクセス可能な隠れた名瀑

     大荒の滝

高知県香美市に位置する大荒の滝は、同じく香美市に位置する轟の滝に次ぐ、落差40mの規模を誇る名瀑です。よく整備された道路でアクセス可能で、秋には美しい紅葉を楽しめる大荒の滝ですが、その優れた景観とは対照的に、混雑とは無縁で常にひっそりとした雰囲気。香美市きっての絶景を、ひっそりとした空間の中心ゆくまで堪能できるスポットです。

続きを読む